ここでは「定期借地権」について理解を深めていただくために、1つの資料を公開しています。
定期借地権制度

 
 
「借地借家法」では、定期借地権を次のように定めています。
 
 
 ◆事業用定期借地権

  • 借地権の存続期間:10年以上、50年未満
  • 契約更新の有無:更新なし(期間延長もなし)
  • 建物の用途:住宅を除く事業用建物
  • 契約終了時の建物の扱い:建物買取請求はできず更地にして返還
  • 契約方式:賃貸借契約を公正証書にすることが必要

 ◆建物譲渡特約付き借地権

  • 借地権の存続期間:30年以上
  • 契約更新の有無:更新なし(期間延長もなし)
  • 建物の用途:限定しない
  • 契約終了時の建物の扱い:建物の譲渡特約を実行して、建物付きで返還
  • 契約方式:建物譲渡特約を付ける。書式の制限はなし

 ◆一般定期借地権

  • 借地権の存続期間:50年以上
  • 契約更新の有無:更新なし(期間延長もなし)
  • 建物の用途:限定しない
  • 契約終了時の建物の扱い:建物買取請求はできない。更地にして返還
  • 契約方式:更新の排除などの特約は公正証書などで合意する